うみないび



うるの会が地滑り災害視察-被災住民の救済を要請

                             那覇市首里の地滑り災害現場を視察
a0052751_1484391.jpg

 6月19日(月)、うるの会として、中城村北上原と那覇市首里鳥堀町で発生した地滑り災害の被災地視察を行いました。視察は私の他、大田昌秀参議院議員、照屋寛徳衆議院議員、喜納昌吉参議院議員が参加しました。
 地滑り災害は、5月14日の梅雨入り後、平年の2倍の雨量を記録した長雨によるもので、県内各地で土砂崩れ等による災害が多発し、6月10日には、中城村北上原と那覇市首里鳥堀町では、道路の決壊や住宅等の倒壊のおそれを招くというきわめて危険な状態にまで陥り、付近住民に対する避難指示・勧告等、深刻な事態となっていました。
 今回の地滑り災害においては、沖縄県災害対策本部を中心として関係市村との連携によるいち早い避難指示・勧告など、人身に被害が及ばなかったことは幸いでしたが、被災地住民の救済問題や台風時における二次災害等が懸念されることから、うるの会として視察を行いました。
 視察後、那覇市内で記者会見を開き、被災住民への住宅等の提供等、住民救済を最優先として、決壊道路の復旧、防護壁や排水路の整備、地滑り災害に対する監視システムの構築等、緊急な防災対策を講じるよう、国土交通省及び内閣府に要請していくこと発表し、6月21日付けで要請しました。
 
[PR]
by keiko_itokazu | 2006-06-29 14:14 | diary
<< 朝日ニュースター「ニュースの深... 平和な沖縄を構想するピースツアー06 >>


日記