うみないび



反ヤスクニで大結集-日本全国、韓国、台湾から

 
a0052751_16113774.jpg

                           来日した韓国の国会議員と手を取り合って

 8月11~15日、沖縄の反靖国の団体、韓国、台湾の皆さん、日本の平和遺族会の団体などが「平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動」を行いました。
 行動は、小泉首相の靖国参拝を阻止しようというもので、韓国の国会議員も10名来日し、スタートの11日には参議院議員会館で約1時間院内集会がありました。集会のあと、参拝中止、日本の謝罪、東アジアで平和を作ることの方策など、小泉首相宛の申し入れが内閣府で行われました。13日の集会では台湾の皆さんのコンサートなども行われ、14日夜の集会では、キャンドルを手にとり平和の人文字メッセージを作りました。

 実際に戦争にかりだされた方々は現在80歳を越えます。日本が経済大国になった現在、国家の責任で金銭的対応も含めた謝罪をする、心に痛みを抱えた戦争体験者たちの生きている間に痛みを和らげる努力が必要だと考えます。
a0052751_16145438.jpg

    院内集会では冒頭に連帯のあいさつを行いました
[PR]
by keiko_itokazu | 2006-08-16 16:19 | diary
<< 演劇を通した地域づくり―現代版... 地域に合った産業振興-ノーザン... >>


日記