うみないび



沖縄ゾンタクラブの活動について

a0052751_20354262.jpg


2007年2月18日

私の所属しているボランティアグループ沖縄ゾンタクラブ(本部・シカゴ)は、県内の支部として今年で16年目を迎えています。
これまでも、チャリティでの収益金を環境関係・福祉関係にカンパを行い、とりわけ沖縄ダルク・子ども病院設立準備会にカンパを行ってきました。今回は私の3年来の要請が受け入れられ、DV被害者支援のためのカンパをすることが実現し、大変嬉しく思っています。
与那原にある「聖マリアの汚れなき御心のフランシスコ姉妹会」のシスター宮城涼子会長を通してカンパをすることが実現しました。シスター宮城は「県内でDVの被害にあっている女性たち、特に外国人の女性たちが、行政の補助金の対象にならない人々に希望をもたらすことができる」と大変喜んでくださいました。
小さな力が少しでも役に立つのであれば、今後とも継続して支援を続けていきたいと思いました。
[PR]
by keiko_itokazu | 2007-02-20 00:00 | diary
米軍ヘリからの車両落下事故に抗議 >>


日記