うみないび



カテゴリ:diary( 48 )


言葉の回復に予算を――失語症ライブに参加して

 皆さんは失語症をご存知でしょうか。失語症というとことばを喋れなくなることと思われていますが、実際はもっと複雑です。
 失語症は脳梗塞や脳出血、頭部外傷などが原因で、ことばを話したり理解したりすることが不自由になった状態のことを言います。
 失語症は言葉の障害なので、ことばを通したやりとりには不自由なことがあります。しかし、まわりの状況を判断することや、家族を思いやる気持ちは保たれることが多いのです。さて、その失語症の皆さんと久しぶりにお会いしました。

 大城貴代子さんのお誘いを受け、3月4日(土)午後1:30~3:00、首里にある県総合福祉センターで開催された第6回失語症ライブに出席しました。失語症「ゆんたく会」の皆さんとは、沖縄コンベンションセンターで昨年開かれた全国大会でお会いして以来8カ月ぶりでした。
 メンバーの皆さんはオープニングの「365歩のマーチ」を歌い、若いボランティアの皆さんと一緒に体で表現し、明るく楽しくライブに参加していました。
 その日は、東京から来られた「失語生活とリハビリ研究所」の遠藤尚志先生(写真1)の指導もありました。東京都の職員を退職された先生は、介護保険事業を経営する会社を設立し、失語症の皆さんが毎日でも通える「失語症デイサービス」を各地で開設することに力を入れています。また車椅子での海外旅行を企画して、外国の失語症友の会との交流を積極的に進めるなど、国内、海外を問わず飛び回って活躍されています。
 私もあいさつをさせていただきましたが、家族やボランティアの皆さん、そして何よりも、ご本人の言葉を取り戻したいという強い信念を持ち努力していくというプロセスの中で、大城栄徳さんのように言葉を回復される方もいらっしゃるのです。
 国や県、市町村の福祉予算の中で、失語症対応の通所施設の予算が計上されるよう国に働きかけていきたいと、ごあいさつさせていただきました。
a0052751_17134673.jpg
写真1 左から2人めが遠藤尚志先生
a0052751_1715218.jpg
写真2 ボランティアの大学生の元気な「365歩のマーチ」にのせて、会場のみなさんも一緒に歌いました。
[PR]
by keiko_itokazu | 2006-03-07 15:34 | diary

学力世界一 フィンランド訪問レポート①

 2月20日(月)から25日(土)の6日間、内海恵美子(財・雇用研究開発機構・調査研究部長)さんと一緒に、北欧のフィンランドを訪問し、教育事情などを視察してきました。
 フィンランドは、OECD(経済協力開発機構)の国際学力調査(PISA)で2000年と2003年の読解力・問題解決能力等で総合的に「学力世界一」となり、教育大国として高い評価を受けています。
 その模様を、今回から3回にわけて報告します。

 ちょうどスキー休みということで学校は1週間ほどの休みに入っていましたが、ヘルシンキ近郊のラハティ市にあるラハティ応用科学大学やタンペレ市のサモン高校、ヘルシンキにある学童保育施設などを運良く視察する事ができました。また、カッリオマキ教育大臣への表敬訪問、フィンランド教育省による教育事情および起業家育成教育等のブリーフィングをしていただきました。さらに、蔵書3万冊を有すると言われるタンペレ市立図書館を視察できた事は、この国がいかに世界でも読書をする国、本を読む国であるかを納得させられました。
 そして何よりも在フィンランド日本大使の近藤御夫妻が、沖縄に関心を寄せておられることがわかり、そのご好意に心から感謝いたしました。

 わずか6日間でしたが、外務省、日本大使館の方々、通訳のグスタフソン美砂子さんに助けられ、実りの多い視察であった事に心から感謝申し上げます。
a0052751_18245519.jpg
カッリオマキ教育担当大臣を表敬訪問

 フィンランド教育視察日程(2・20~25)
20日(月) ヘルシンキ着
21日(火) ラハティ高等職業専門学校訪問、ラハティ市内視察
22日(水) 教育省で教育事情関連ブリーフ、カッリオマキ教育大臣を表敬訪問
       近藤大使主催夕食会
23日(木) タンペレ市訪問、副市長主催昼食会、学校・市立図書館・ムーミン博物館訪問
        ヌエメラ夫妻と懇談 
24日(金) ヘルシンキ発
25日(土) 関西空港着
[PR]
by keiko_itokazu | 2006-03-01 14:46 | diary

糸満小学校児童たちの熱演にふれて

 2月5日(日)、糸満小学校の学芸会で6年生全員による「さとうきびの花ゆれて」という劇をやるので是非見てほしいという友人の勧めもあり、伊敷イク子さん(糸満市議)を誘い一緒に出かけました。沖縄には珍しく12℃という寒い日でしたが、会場の体育館は、演じる児童を応援している父母と一体になった熱気で寒さを感じませんでした。
 「さとうきびの花ゆれて」は以前、嘉数小学校で見た事がありました。その時はこの劇の作者である宮城淳先生のお招きで、沖縄戦の悲惨さ、生きる事の大切さを訴える児童たちの演技に、とても感激したものでした。今回はこの原作に糸満という地方色を生かして脚色され、それに障害を持っている児童も一緒にこの劇をつくっているという新たな試みもあり、更に感激を新たにしました。戦後60年という節目の年に、子供たちに沖縄戦を通し、生命の大切さ・平和の尊さを伝えていきたいということで取り組んでこられた先生方に敬意を表したいと思います。
 その後、ひめゆりの塔近くにある大城さんのお店で「ソバ」を食べ、心も体もポカポカになり那覇に向かいました。午後は孫の「りん」と一緒に与儀公園で桜を観る時間が取れたことも、嬉しい日曜日でした。
a0052751_17403024.jpg
「さとうきびの花ゆれて」を熱演する糸満小6年生
a0052751_17404358.jpg
子どもたちを見守る父母たちに交じって観劇
a0052751_1741147.jpg
与儀公園で孫の「りん」と一緒に
[PR]
by keiko_itokazu | 2006-02-14 12:01 | diary

読谷村議・上地りえこさん誕生

 わたしのふるさと読谷村に女性議員を送り出したいという願いが実現しました。
 1月31日、村長選挙と併行して行われた村議補欠選挙に、上地りえ子さんが立候補し無投票当選を果たしました。本番は9月の本選挙で19議席を競うことになります。塩川信子さん、仲村律子さんという先輩議員の応援を受け、さっそく2月議会に臨むことになりますが、素晴らしいキャリアを生かして、議会活動をしてほしいと思います。
 なお、安田慶造村長も無投票で3期目の当選を果たしました。
 ご活躍をお祈り致します。

a0052751_14203732.jpg
1月31日5時、当選確定で歓声が上がる。候補者のタスキを掛けているのが上地りえこさん。 
[PR]
by keiko_itokazu | 2006-02-14 10:52 | diary

国境を越えた反靖国への思い

 2月12日(日)午後、読谷村総合福祉センターで「台湾原住民と琉球・アイヌ文化交流の集い」が開催され、私も参加して、歓迎と激励と連帯のあいさつをしました。この集いは「反靖国アジア共同行動」の一環として行われ、メンバーは2月10日から13日まで沖縄に滞在し、シンポジウム・ピースツアー・文化交流と精力的に県内の反靖国の立場で活動している人々との交流をしました。
 一行は、昨年3月全国の靖国訴訟団の協力のもとで、韓国・台湾・沖縄・日本の各遺族を先頭に、靖国神社へ合祀取り下げ行動、院内集会、外国人記者クラブでの記者会見などを行い、その後、6月には台湾から原住民60人が靖国神社へ押しかけ、また、ニューヨークの国連本部にも抗議と訴えに出かけています。その時のスローガンは「還我祖霊」で、靖国神社から祖先の魂を取り返すというものでした。
 今回は、大阪から箕面市の忠魂碑訴訟の古川佳子さんも参加しており、15年ぶりに感激の再会ができ、大変嬉しく思いました。古川さんは私が県議になる前に沖縄を案内した方ですが、この案内の内容が裁判にも影響するということで、弁護団も裁判官も戦跡の案内に強い関心を持っていました。古川さんはまるで「私たちの立場に立って県立平和記念資料館や摩文仁の案内をしてくれたことが今でも印象に残っている」とご挨拶をして下さいました。
 この交流会では、特に台湾の飛魚雲豹音楽工団の演奏が魂に響き、心に染み入り残りました。
 今後の活動として、特に小泉首相の靖国神社参拝に対する反対、さらに沖縄・台湾・韓国・日本の遺族が一緒になって靖国神社からの合祀の取り下げを要求し闘っていくと、誓いを新たにしました。
a0052751_15213313.jpg
 台湾の原住民タイヤル族出身で立法委員(国会議員)高金素梅(チワスアリ)さんとのツーショット。2月12日読谷村総合福祉センターで行われた「台湾原住民と琉球・アイヌ文化交流のつどい」にて。高金素梅さんは、昨年大阪高裁で画期的な違憲判決をかちとった「小泉首相靖国参拝違憲アジア訴訟団」の原告団長でもある。


       
[PR]
by keiko_itokazu | 2006-02-12 18:46 | diary

写真家・大塚勝久さんの活躍に期待

 1月28日、大塚勝久さんの写真集『うつぐみの竹富島』の出版祝賀会で大阪に出かけました。県人会長をはじめ、多くの皆様にお目にかかることができ、歓談できたことをうれしく思いました。また、出版祝賀会に出席された皆さんが温かい眼差しを沖縄に向けられておられることに心を打たれました。
素晴らしい沖縄の自然と文化、それに勝るとも劣らない沖縄の人々の人情を誇りに思い語り続けてくださる大塚勝久さん。大塚さんを応援すると共に、今後の活躍にますます期待したいと思いました。
a0052751_10225536.jpg

(写真: 八重山毎日新聞社提供)
[PR]
by keiko_itokazu | 2006-02-02 18:51 | diary

基地の固定化は許せない-足立で講演

  1月25日、東京の「あだち憲法問題懇談会」の新春の集いで、糸数けいこ議員は「沖縄と平和憲法」と題して講演を行いました。
 在日米軍再編協議について、96年のSACO合意から05年10月の「中間報告」までの経過を紹介。米軍再編の狙いは「抑止力の維持・強化」と「沖縄の基地の固定化・恒久化」にあり、今回の辺野古移設の「沿岸案」は60年代に米軍が計画していたものが下敷きにあり、68,2%の県民が県内移設に不満を持っていると指摘しました。
 

a0052751_16241425.jpg

[PR]
by keiko_itokazu | 2006-02-02 18:49 | diary

ライブドア問題-労働の正統な報酬とは何かを明示できる政治こそ

 第164回通常国会の冒頭、参議院の代表質問で、ライブドア・堀江貴文社長の逮捕について、江田五月さん(民主党新緑風会代表)が質問した。小泉首相は「関係ありません」と淡々と答弁をしている。
昨年の総選挙で「ホリエモン」をあれほどもてはやし、刺客に仕立て上げ、声を限りの熱狂的な支援を行ったのはいったい何だったのか。自民党の総責任者として選挙の陣頭指揮を執っていた首相の答弁としてはあまりにも無責任すぎる。
それに比べると、経済評論家・内橋克人氏の1月21日付け朝日新聞の「私の視点」にはおおいに共感すると共に、その一部を紹介し、改めて政治の現場に身を置くものとして襟を正したい。

「マネーゲームのつかの間の勝者に国民の敬意を凝集させるような政治でなく、労働の正統な報酬とは何かを明示できる政治こそ、21世紀日本のものでなければならない」
[PR]
by keiko_itokazu | 2006-01-26 12:23 | diary

中身見えぬ負担軽減-小泉首相の施政方針演説に対するコメント

 糸数慶子参院議員(無所属)  米軍再編で抑止力維持と地元の負担軽減の相容れないフレーズを相変わらず使っている。F15戦闘機墜落事故が起きても負担軽減の具体的な内容に触れていない。この所信表明では、県民の理解は得られない。(06・1・21 沖縄タイムス)

糸数慶子氏(無所属)も「米国追随で、基地の負担軽減を求める沖縄の声を真剣に受け止めていない。これでは最終報告にも期待は持てない。沖縄軽視であり、県民の理解は得られない」と語った。(06・1・21 琉球新報)
a0052751_11291221.jpg
「小泉内閣の暴走許すな・憲法改悪のための国民投票法案反対・緊急院内集会」で連帯のあいさつをし、米軍再編推進法、特措法への反対をアピールした。(1・20)
[PR]
by keiko_itokazu | 2006-01-26 11:21 | diary

我喜屋むねひろさんの勝利を

 1月18日、名護市長選挙・我喜屋むねひろさんの勝利に向けた「女性の集い」で司会を担当しました。
 当日は雨のため出足が鈍く、とても心配しましたが、最終的には名護市民会館がいっぱいになるほど、多くの女性たちが参加しました。
 喜納昌吉さんの「花」と「基地はいらない」の熱唱でオープニングを飾っていただき、名護市の女性たちのリレートークで盛り上がり、「我喜屋むねひろ候補」と節子夫人の熱い思いと訴えで、会場は一体となりました。
 1月22日の投票日、なんとしても勝利をし、「沿岸案」を日米両政府に撤回させましょう。
a0052751_18134830.jpg
女性の集いで司会する糸数けいこ
a0052751_18135834.jpg
オープニングで熱唱する喜納昌吉さん
[PR]
by keiko_itokazu | 2006-01-20 18:09 | diary


日記