うみないび



<   2006年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


落ちこぼれのない教育-フィンランド訪問レポート②

 2月22日(水)、ヘルシンキの気温は-4℃、那覇との温度差は20度以上です。二人とも元気で早朝からデジタルカメラとビデオカメラを回しながら、ホテルのすぐ近くにある国会へ出かけました。8時前というのに職員らしい人達が次々と建物に入って行きます。
その後、駅前近くの近代アート美術館まで行きましたが、午前8時ではまだ開館していないので、ホテルに戻りました。
 9時30分、通訳のグスタフソン美砂子さんが迎えにきました。今日はヘルシンキにある教育省でフィンランドの教育事情と起業家育成など、ブリーフィングをしていただくことになっています。
 10時、教育文化庁国際交流課参事官のフレデリック・フォルスベリさんと、国家教育委員会義務教育課担当官のクリッセ・ハンネンさんに話を伺いました。今回はフォルスベリさんのご尽力でカッリオマキ教育大臣への表敬訪問も実現しました。
 フォルスベリさんは大の日本びいきで名刺には丁寧に「滝山風呂」さんという日本名(?)も添えられています。以下、フォルスベリさんとクリッセ・ハンネンさんのブリーフィングを紹介します。

平等で公平な教育・教員資格は修士 
 フィンランドは2000年および2003年に行われたOECD(経済協力開発機構)の15歳児を対象とした学習到達度調査で優れた成績をおさめ、義務教育を成功させている国として注目を集めています。
 まず国家予算のトップは福祉予算であり、その次にくるのは教育予算で、国家予算の約16%(対GDP比4%)を占めています。
 フィンランドの教育は「公平性」と「平等性」が重要で、国民に対して平等な教育の機会を与えています。義務教育は9年間すべての子どもが均等な教育を受ける権利を法律で決めています。
 それは全国レベルでの平等というだけでなく、学内でもすべての子どもが同じレベルに到達するような手立てをする。つまり、子ども一人一人が理解の得られる授業になっているか、もし理解にバラツキがあるときは学校で補習授業をします。学校での補講は珍しいものでも恥ずかしいものでもなく、家族が学校と協力して、すべての子どもが同じレベルに到達できるようにする。落ちこぼれをなくしていく教育のやり方で、フィンランドでは早期から子どもをレベル分けせずに15歳から16歳までに、すべての子どもが同じレベルに達することに焦点を置いて教育をしています。
 そのような子どもたちを育てるには、やはり何といっても教師のレベルの高さが不可欠です。教員資格は修士号を必要とし、学級担任の先生も教科担任の先生もすべて修士号をもっています。専門分野の専門性だけでなく、学級担任として必要な養成課程も経た上で修士号を持ち、また教員の現職研修も行っています。
 国はナショナル・コア・カリキュラムを編成し、教育目標、到達目標、授業時間数を定め、自治体または各学校が履修計画を立てています。
教育の水準管理や評価を担うのが国家教育委員会ですが、今は、達成状況の管理は各自治体が行っています。2000年になってから、6歳児の就学前学級が積極的に推進され、義務ではありませんが就学率は96%であり、無償で行われており、働く母親が多いため学童保育も行われています。
 1994年の教育課程制度の改革以降、より自由な科目編成が学校側に与えられるようになりました。
 国家予算は福祉予算の次に教育予算がくるということでも分かるように、義務教育は教科書や給食を含めて、全児童・生徒に無償で提供されています。全学校の1%は私立学校ですが、公立学校と同じように国の指導基準に従わなくてはなりません。

 総合学校は9年制で、6年制の初等課程(日本の小学校に相当)と3年制の中等課程(日本の中学校に相当)に分かれ、総合学校を修了した生徒はすべて大学・職業大学に進学する資格が得られます。さらに進学を有利にするためにもう一年(10年生)在籍することもできます。(別添の図を参照)
a0052751_16103860.jpg

 
 フィンランドには総合大学10校と単科大学10校の計20の大学があります。その他、ポリテクニク(職業専門学校)を昇格させた総合職業教育大学もあり、運営は国家予算(57%)および自治体予算(43%)で運営されており、授業料は無料であり、様々な専門職に適した学位保持者を養成するようです。

30年間の努力の成果・教育大臣 
 約1時間30分ブリーフィングを受けた後、カッリオマキ教育大臣への表敬訪問を行うことができました。教育大臣は体育教師の資格も持つかつてのオリンピック選手です。何度も日本を訪問されたということです。
 カッリオマキ教育大臣は、「沖縄の問題については聞いていますが、これは日米間の問題だと思います」とコメントされました。そして「教育問題についてはPISAの調査のおかげで全世界からたくさんの方が見えています。特に日本からたくさん見えています。PISA(国際学力調査)の結果というものが、実は70年代の30年間の努力の結果であると信じています。生徒・個人に平等に教育を施してきた結果だと思います」と話して下さったことが心に残りました。
 学校教育とは、国家戦略の中で明確に位置づけられ、国としてどのような若者を育てていきたいという大きな目標を持ち、それに向けて確実に努力し、そしてその成果が現れている国であるとの思いを新たにしました。
 
a0052751_1618154.jpg
教育省の皆さんと昼食懇談
[PR]
by keiko_itokazu | 2006-03-31 15:51 | diary

忙中閑あり・外務省の桜

 3月30日、外務省の要請行動の前に、あまりに桜が美しいので、ついシャッターを押してしまいました。この後の立て混んだスケジュールの合間、まさに「忙中閑あり」でした。
a0052751_181551.jpg

外務省の前で
[PR]
by keiko_itokazu | 2006-03-30 18:02 | diary

夢のせて起工式・伊良部大橋

 3月18日、伊良部大橋の起工式に参加するため宮古・伊良部島に出かけました。那覇を発つ時は雨で、少し肌寒く感じましたが、伊良部に着く頃は青空が広がり、真夏を思わせるような陽気になり、かりゆしウェアでもよかったのかなという心持ちにさせてくれました。

 1974年、昭和49年の伊良部架橋建設要請行動から実に32年、総工費約320億円、橋梁部分が3,540m、取り付け道路を合わせると約6,500mの夢の大橋が、2012年、平成24年に完成予定です。

 式典会場となった牧山展望台から眺める真っ青な伊良部のこの海に、10年後完成予定の伊良部大橋は、島の人たちのみならず、訪れる人々に改めて沖縄の海の美しさと、限りない夢を与えるに違いないと思います。

 夢の大橋が無事に完成することを伊良部の皆さまと共にお祈りします。
[PR]
by keiko_itokazu | 2006-03-30 17:51 | diary

日本軍「慰安婦」被害者に受け入れられる解決策を

 3月15日の午前11時から約45分間、山田哲範・内閣府大臣官房総務課調査役に対して、申し入れをしてきました。
 メンバーは「日本軍『慰安婦』問題行動ネットワーク」の皆さんと参議院議員の岡崎トミ子(民主党)、和田ひろ子(同)、神本美恵子(同)、吉川春子(共産党)、糸数慶子(無所属)で行いました。その後12時から国会前集会でも挨拶をさせて頂きました。
 沖縄にはペ・ポンギさんのように、那覇市内のアパートの一室で誰に看とられる事もなく、1991年10月、死後5日たってから発見され、77歳の生涯を閉じた人もいました。ペ・ポンギさんとは生前、交流があっただけに今でも思い出すと心が痛みます。肉体的な苦痛はともかく、人間としての尊厳を踏みにじられた人々・・・。
 せめて、80歳を超すオランダ・韓国・中国・台湾そして東ティモールの被害者の皆さまが元気なうちに、日本は国家補償と謝罪をし、「戦時性的強制被害者問題解決促進法案(従軍慰安婦問題解決法)」が立法されるよう、私も国会内外で頑張っていく決意を新たにしました。
a0052751_1112936.jpg
内閣府に小泉首相あての「要請書」を手わたす。
a0052751_1115022.jpg
集会は、元日本軍「慰安婦」被害者の女性たちによる「水曜デモ」(ソウルの日本大使館前)が700回になったのに連帯して行われた。国会前集会には、韓国の報道陣も数多くつめかけた。
[PR]
by keiko_itokazu | 2006-03-15 19:03 | diary

母校の高校生に元気もらう――読谷高が国会見学

a0052751_1136406.jpg
 3月11日(土)、午前9時。母校・読谷高校2年生の修学旅行団が国会見学に来てくれました。昨日の雨の天気とはうって変わった小春びよりです。生徒たちも元気で国会の中を秘書の宮田さんの案内で見学していました。
 女子高生の制服姿につい、私は○○年前の自分の姿を重ねてしまい、苦笑してしまいました。若いっていいですね、ニコニコ笑っている高校生から元気をもらい、思わずカメラの中に納まってしまった私でした。
a0052751_1137261.jpg

[PR]
by keiko_itokazu | 2006-03-11 11:39 | diary

島ぐるみ闘争をめざそう――3・5県民総決起大会

 3月5日、「知事権限を奪う特措法制定反対、普天間基地の頭越し・沿岸案に反対する県民総決起大会」に参加しました。大会の限られた時間の中で行った私の連帯のあいさつは県内各紙に概要が報道されていますが、このブログで決意の内容をお伝えします。
a0052751_18121135.jpg

 昨年10月に合意された在日米軍再編協議の「中間報告」は、米軍と自衛隊の一体化を図り、日米軍事同盟の維持・強化をもくろむものです。
「中間報告」では、海兵隊8千人のグアムへの移転などが盛り込まれていますが、海兵隊司令部要員とその家族の移転であって、実戦部隊は残り、県民の要求である「負担軽減」とはなっていません。
 アメリカ側は移転費用を日本政府に求め、その額は約80億ドル、日本円にして8560億円にのぼります。日本政府は、この巨額の移転費用をどのように捻出するか、法的な根拠を含め、「在日米軍再編推進関連法案」なるものを今国会に上程するため準備を進めています。また、公有水面の埋め立て権限を知事から国に移す「特措法」に関しても、現時点では考えていないとしていますが、警戒を緩めてはなりません。
 沖縄県民が求めているのは、普天間飛行場の即時閉鎖と返還であり、キャンプ・シュワブ沿岸への新たな基地建設ではありません。
 3月末には「最終報告」が取りまとめられることになっていますが、日米の再編協議の状況からすると、「中間報告」と同様に、沖縄県民の声を無視して、「沿岸案」を強行することが予想されます。
 私たちは、新たな基地建設を阻止しなければなりません。額賀防衛庁長官は沿岸案に対し、「新たな基地建設ではない」と発言していますが、普天間飛行場のもつ基地機能を、さらに強化したヘリ基地を造ることが狙いであり、この沿岸案を認めることは、沖縄基地の固定化、恒久化へつながります。
 今回の在日米軍再編に当たっては、岩国では住民投票が実施されるほか、関係する地方自治体のほとんどが反対を表明しています。他の地方自治体と連携し、最終報告に向け、運動を強化していかなければなりません。

 県民総決起大会に参加された県民のみなさま、日米軍事同盟に反対し、沖縄の米軍基地の撤去に向け、島ぐるみ闘争を展開しましょう。絶対に新たな基地建設を認めてはなりません。沖縄の軍事基地の維持・強化を断固、拒否しましょう。
a0052751_18124384.jpg

a0052751_181306.jpg

[PR]
by keiko_itokazu | 2006-03-09 18:15 | diary

言葉の回復に予算を――失語症ライブに参加して

 皆さんは失語症をご存知でしょうか。失語症というとことばを喋れなくなることと思われていますが、実際はもっと複雑です。
 失語症は脳梗塞や脳出血、頭部外傷などが原因で、ことばを話したり理解したりすることが不自由になった状態のことを言います。
 失語症は言葉の障害なので、ことばを通したやりとりには不自由なことがあります。しかし、まわりの状況を判断することや、家族を思いやる気持ちは保たれることが多いのです。さて、その失語症の皆さんと久しぶりにお会いしました。

 大城貴代子さんのお誘いを受け、3月4日(土)午後1:30~3:00、首里にある県総合福祉センターで開催された第6回失語症ライブに出席しました。失語症「ゆんたく会」の皆さんとは、沖縄コンベンションセンターで昨年開かれた全国大会でお会いして以来8カ月ぶりでした。
 メンバーの皆さんはオープニングの「365歩のマーチ」を歌い、若いボランティアの皆さんと一緒に体で表現し、明るく楽しくライブに参加していました。
 その日は、東京から来られた「失語生活とリハビリ研究所」の遠藤尚志先生(写真1)の指導もありました。東京都の職員を退職された先生は、介護保険事業を経営する会社を設立し、失語症の皆さんが毎日でも通える「失語症デイサービス」を各地で開設することに力を入れています。また車椅子での海外旅行を企画して、外国の失語症友の会との交流を積極的に進めるなど、国内、海外を問わず飛び回って活躍されています。
 私もあいさつをさせていただきましたが、家族やボランティアの皆さん、そして何よりも、ご本人の言葉を取り戻したいという強い信念を持ち努力していくというプロセスの中で、大城栄徳さんのように言葉を回復される方もいらっしゃるのです。
 国や県、市町村の福祉予算の中で、失語症対応の通所施設の予算が計上されるよう国に働きかけていきたいと、ごあいさつさせていただきました。
a0052751_17134673.jpg
写真1 左から2人めが遠藤尚志先生
a0052751_1715218.jpg
写真2 ボランティアの大学生の元気な「365歩のマーチ」にのせて、会場のみなさんも一緒に歌いました。
[PR]
by keiko_itokazu | 2006-03-07 15:34 | diary

学力世界一 フィンランド訪問レポート①

 2月20日(月)から25日(土)の6日間、内海恵美子(財・雇用研究開発機構・調査研究部長)さんと一緒に、北欧のフィンランドを訪問し、教育事情などを視察してきました。
 フィンランドは、OECD(経済協力開発機構)の国際学力調査(PISA)で2000年と2003年の読解力・問題解決能力等で総合的に「学力世界一」となり、教育大国として高い評価を受けています。
 その模様を、今回から3回にわけて報告します。

 ちょうどスキー休みということで学校は1週間ほどの休みに入っていましたが、ヘルシンキ近郊のラハティ市にあるラハティ応用科学大学やタンペレ市のサモン高校、ヘルシンキにある学童保育施設などを運良く視察する事ができました。また、カッリオマキ教育大臣への表敬訪問、フィンランド教育省による教育事情および起業家育成教育等のブリーフィングをしていただきました。さらに、蔵書3万冊を有すると言われるタンペレ市立図書館を視察できた事は、この国がいかに世界でも読書をする国、本を読む国であるかを納得させられました。
 そして何よりも在フィンランド日本大使の近藤御夫妻が、沖縄に関心を寄せておられることがわかり、そのご好意に心から感謝いたしました。

 わずか6日間でしたが、外務省、日本大使館の方々、通訳のグスタフソン美砂子さんに助けられ、実りの多い視察であった事に心から感謝申し上げます。
a0052751_18245519.jpg
カッリオマキ教育担当大臣を表敬訪問

 フィンランド教育視察日程(2・20~25)
20日(月) ヘルシンキ着
21日(火) ラハティ高等職業専門学校訪問、ラハティ市内視察
22日(水) 教育省で教育事情関連ブリーフ、カッリオマキ教育大臣を表敬訪問
       近藤大使主催夕食会
23日(木) タンペレ市訪問、副市長主催昼食会、学校・市立図書館・ムーミン博物館訪問
        ヌエメラ夫妻と懇談 
24日(金) ヘルシンキ発
25日(土) 関西空港着
[PR]
by keiko_itokazu | 2006-03-01 14:46 | diary


日記
カテゴリ
全体
diary
お知らせ
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
sandisk memo..
from sandisk memory..
silvics of r..
from silvics of red..
u2 concert l..
from u2 concert lis..
automotive s..
from automotive san..
Jeff Faine
from Jeff Faine
Sharon Reed
from Sharon Reed
How To Make ..
from How To Make Ri..
Tanner Pehl
from Tanner Pehl
teen beach n..
from teen beach nud..
red head pub..
from red head publi..
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧