うみないび



<   2006年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


沖縄観光を考える-琉球大で講演

 「沖縄観光の現状と課題」というテーマで、5月15日、琉球大学法文学部観光科学科の伊波美智子教授の依頼のもと、経営と観光を学ぶ学生を中心に講演を行いました。
 講演では、私のこれまでのバスガイドとしての経験と、今月のパリでの経験やコスタリカの観光をめぐる状況をもとに、これからの沖縄の観光に加えて、経済や政治についても考えてみました。というのも、観光は沖縄が経済的自立を果たすための主要産業として考えられ、また、紛争地域では観光そのものが成り立たないために、この観光、経済、政治という3つの点は今後の沖縄を考える上で密接に関係しているからです。
 また、美しい海等の沖縄の自然と、空手等の文化といった観光資源や、悲惨な沖縄戦の歴史と米軍基地いう、一貫したテーマ学習が可能な素材の提供、そして歴史的建造物であった立法院ビルの取り壊しという反省を提示しました。これらのことが、学生の皆さんの沖縄観光のたどってきた道とこれからの方向性を考える材料になれば幸いです。
 講演終了後は、わずかな時間でしたが学生と交流する時間が持て、「この授業で政治家の話が聞けるとは思っていなかった」という声や、米軍再編の動きに対して反対していくことへの共感、励ましの声を頂きました。今日私の講演を聞いてくれた若者の中から、将来の沖縄を背負っていく人材が育ってくれることを願います。
 6月17日のバスツアーでは、講演に参加してくれた学生とまた会えることを楽しみにしています。そして、こうした場を提供してくれた伊波美智子先生、本当にありがとうございました。
a0052751_9564233.jpg

[PR]
by keiko_itokazu | 2006-05-22 09:57 | diary

米軍再編に反対――5・15県民大会

 5月14日、宜野湾海浜公園で開かれた、5・15平和行進を締めくくる「5・15平和とくらしを守る県民大会」(同実行委員会主催)に参加しました。
 大会には、平和行進団をはじめ約3500人が参加し、オープニングのロック歌手Marie(マリー)さんの歌と演奏に、若い参加者を中心に盛り上がりをみせていました。
 大会では、普天間基地の辺野古沿岸移設や憲法・教育基本法改悪の反対を訴える大会宣言を採択し、米軍再編に向けた動きに対して反対していくことを確認しました。
a0052751_1528385.jpg

[PR]
by keiko_itokazu | 2006-05-18 15:29 | diary

新緑美しい5月のパリ――読谷村空手古武道文化交流団

 5月3日~9日まで「読谷村空手古武道文化交流団」の一員としてパリに出かけました。
 読谷村の石嶺傳実助役を団長に総勢27名の団員は、5月7日(土)オルネスボア市の体育館で、フランス在住の空手家・知念賢祐先生のパリ在住30周年記念行事に参加致しました。
 知念先生は欧州諸国に多くの弟子を持つ国際沖縄小林流王修会の代表者です。先生は2004年6月に、読谷村に小林流、剛柔流、上地流が力を合わせた「沖縄伝統空手古武道国際研修センター」を設立し、空手発祥の地として県内外、海外の空手家に研修の場を提供し、昨年は欧州各国から60名の研修生を招き、すでに研修も始めています。
 今回のフランス訪問は、読谷村とフランスの文化交流でもあり、記念式典の後は読谷村の交流団の琉舞や、知念先生の出身地・伊江村の同級生の皆さんによる歌や琉舞披露もあり、随分と盛り上がりました。
 オルネスボア市のジェラル・ゴードン市長や、フランス大使館の山田文比古公使の心のこもった来賓祝事があり、式典を一段と盛り上げて下さいました。読谷村からは石嶺助役や私も挨拶させていただきました。知念先生が糸数の父・鉄雄の沖縄水産高校の教え子という事もあり、知念先生の奥様や娘さんとも会食をしながら親しくさせていただきました。式典の後はフランス式のパーティーもありました。
 マロニエの花や桐の花、チューリップの咲き誇る、一年のうちで一番新緑のきれいなパリの街を堪能した5日間でした。
a0052751_11291985.jpg
記念行事のあとの懇親会には600名が参加
a0052751_11305437.jpg
モンマルトルの丘にて
[PR]
by keiko_itokazu | 2006-05-12 16:33 | diary

こども病院の充実・発展めざす――チャリティー・コンサート

a0052751_1462094.jpg

 4月30日、那覇市のパレット市民劇場での「こども病院開院記念チャリティー・コンサート2006」(主催・こども病院支援の会・宮良沢子代表)に参加しました。
 コンサート当日には約400名もの方々がお集まりいただき、佐渡山美智子さんの司会のもと、森ピアノアカデミーの子供たちの演奏や、Theみゃぁくぴとぅ、大城友弥くん、カンタビーレの方々による歌、泉&やよいさんの漫才を楽しんでいただきました。
 また、1999年の第1回チャリティー・コンサートの時に実行委員長であり、今も私を励まし続けてくれている知花幸子さんからも開院祝いの言葉をいただき、これまでの開院に向けた活動と、その成果を共に喜びました。
 そして、開院することができたこども病院の診療機能の更なる充実、また離島地域から入院される(お子さんたちの)父母のための宿泊施設の設置など、こども病院の更なる発展のための課題を確認し、改めてその実現のために全力をつくす決意をしました。
[PR]
by keiko_itokazu | 2006-05-08 10:20 | diary

子育てNPOも協力――第77回メーデー

 4月29日、那覇新都心公園で開かれた連合沖縄などが主催する第77回メーデー中央祭典に参加しました。
 メーデーでは、フリーマーケットや野菜、ビールなど県産品の販売、また環境、平和の展示等も行われ、今回が初めてとなる子育て支援のNPOの方々の協力を得て、会場は労働者の皆さんが家族連れで参加し、にぎわっていました。
 私も地元産の無農薬野菜の購入や、同じようにメーデーに参加している方々との意見交換などを行い交流を深めました。
 式典では、会場に集まった皆さんと「平和・人権・労働・環境・共生」などの課題に取り組み、労働を中心とする福祉型社会と自由で平和な世界を作る「メーデー宣言」を採択しました。
a0052751_17102524.jpg

[PR]
by keiko_itokazu | 2006-05-02 17:19 | diary

長女・未希に第2子誕生!!

 4月28日(金)、長女・未希に第2子が誕生しました。3228グラムの男の子です。母子ともに元気なのでホッとしました。5月3日に出産予定と聞いていたので、孫の顔を見ないでフランス(5月3日~9日)に出かけるのかと気になっていました。予定日を5日も繰り上げて産んでくれるなんて、さすが親孝行な(?)娘です。これで安心して出かけられそうです。
 ところで今、我が家は静岡の次女・球美子が一足先にゴールデンウィークを過ごすため里帰りしています。長女の娘・凛(りん・3歳)と次女の娘・ちゆら(2歳)と二人で家中をひっかきまわし、大騒ぎの毎日です。まさに保育園と化しています。正直いって公務の傍らの孫相手も大変といえば大変ですが、でも二人で演じてくれる壮大な(?)ドラマは、新しい発見と子育ての楽しさを改めて感じさせてくれます。
 まもなく5月5日、こどもの日がやってきます。新しい生命の誕生とこれから生まれてくる多くの子供たちのためにも、安心して子供が育てられる国に、平和で一人一人の生命が大事にされる国にしていかなければ……との思いを新たにしているところです。
a0052751_11102137.jpg

糸数家初めての男子の孫、旦(ダン)と命名
[PR]
by keiko_itokazu | 2006-05-01 10:41 | diary


日記
カテゴリ
全体
diary
お知らせ
未分類
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
sandisk memo..
from sandisk memory..
silvics of r..
from silvics of red..
u2 concert l..
from u2 concert lis..
automotive s..
from automotive san..
Jeff Faine
from Jeff Faine
Sharon Reed
from Sharon Reed
How To Make ..
from How To Make Ri..
Tanner Pehl
from Tanner Pehl
teen beach n..
from teen beach nud..
red head pub..
from red head publi..
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧